メッセージ欄

分類 【これはおすすめ】 で検索

一覧で表示する

Flashムービー - Labuat
2010/05/22(土) 21:41 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

これはすてき!

マウスカーソルに合わせて筆が動きながら
さまざまなオブジェクトが描かれては消え、目を楽しませてくれます。

20100522.jpg

曲そのものが良いことも大きいですね、これは。

こちらからどうぞ。
Labuat

読み込みにけっこう時間がかかります。

Noitu Love 2
2010/02/07(日) 13:45 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

これ面白い!
演出が素敵すぎる。
20091210.gif
個人制作のアクションゲームです。マウスとキーボードで操作できます。
洞窟物語とかシルエットミラージュが好きならオススメ。

ちょっと粗いけど動画をどうぞ。


英語なので話の内容はよくわかりませんでしたが、かなり完成度の高い作品。そしてコミカルな演出がほんと楽しいです。
ネットを見ても日本でほとんど話題になってないようだけどなんでだろう。英語だからか?有料だから?

$10です。途中までプレイできるフリー版もあります。
Noitu Love 2

ウシジマくん
2010/01/30(土) 17:31 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

反面教師的名作のウシジマくん、16巻からの2巻にわたったファッション編が完結。
ファッション分野はまったく疎いので登場人物に近い感覚は得づらかったのですが、今回はこれまでの話と比較してもかなり面白かったです。
ASIN:4091828892
闇金ウシジマくん 17

終盤、いつも以上に救いのない展開ですが、登場人物の数が多く、それぞれがそれぞれに不幸になっていくさまが、堕ちていくというより散っていくという表現が似合うラストでした。ゆえに普段のウシジマくんにあるエグさよりも儚さの方が際だっていて、ファッションという移ろいゆくテーマと見事にマッチした秀逸なエンディングだと思います。

ウシジマくんは全体的に面白いですが、他のテーマだと5巻中盤からの風俗編がおすすめです。終盤の雰囲気は今回と似ているかも。

カブのイサキ
2009/10/24(土) 21:20 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

やっと出たカブのイサキ(2)購入。
ASIN:4063145867
カブのイサキ(2)

前作のヨコハマ買い出し紀行と空気は似てるけど、しっとりしたストーリーが多かったヨコハマと比べるとだいぶコメディ寄り。どちらも好きです。ヨコハマ買い出しが「海」だったのに対してこちらは「大地」なので、対比としてはなるほど、といったところ。

#11の深夜から明け方にかけての表現がとても良かった。深夜のあの感じがすごく伝わってきます。芦奈野さんの作品はさらっと描いてあるんだけどツボを押さえているためか、読者の経験との相乗効果ですごく豊かなイメージが膨らむんですよね。
以前はよく一人旅とか島旅とかしてて、誰もいないようなところを自転車でまわったりしてたんですけど、「ヨコハマ買い出し」もこの「カブのイサキ」も読んでると自分のそんな思い出のいろんな場面がオーバーラップしてきて楽しいです。
隔月連載なのでなかなか次を読めないのが残念。次巻は一年後か?

1: 化け猫のおタマ 『実はわっちも芦奈野氏のファン』 (2009/11/03 15:54)

2: nihonyamori 『芦奈野さんいいですよね~!』 (2009/11/03 19:39)

ねむようこ「午前3時の無法地帯」
2009/10/10(土) 18:16 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

漫画でも何でも、恋愛物は好きではないのでまず読まないのですが、そんな好き嫌いをぶち抜いて面白かったのがこちら。

ASIN:4396764464
午前3時の無法地帯(1)
なんで買ったのかといえばまたジャケ買いなんですが。カバーすばらしいです。

で、ジャンル的に疎いこともあって何がいいのかと言われると難しいのですが、なんというか、表現がいいのかな。本筋以外の部分でも楽しめるポイントが多いというか、小ネタとかキャラクターとか心情の描き方とかが魅力的で、漫画としての総合力がすごく高い気がする。一コマ一コマが楽しい。

ASIN:4832267760
ペンとチョコレート
↑新刊も買ったのですが、こちらも表現がいろいろ楽しい。
角砂糖の積み上げぐらぐらやスクリーントーンを選ぶシーンなど、かなり好きです。

主に女性誌で恋愛物を描いているようですが、もっと老若男女を問わず、広く活躍できる作家さんなのではないかと思いました。
ねむようこさん、今後の活躍に期待です。

ベルとふたりで
2009/10/03(土) 18:06 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

ジャケ買いにはかなり自信があるのですが、今日本屋でなんとなく表紙に惹かれて買った漫画が大ヒット。

ベルとふたりで
ベルとふたりで/伊藤黒介

7歳の女の子と大きな飼い犬のお話。
というと心温まるほのぼの路線かと思われるかもしれませんが、中身はかなりハイテンション。舞台となるのはなにげない日常なんですが、表現形態がかなり鮮やか。というか自由。どこまでも自由。
いかにも漫画的な表現による、いきいきとした描写がすばらしい良作です。そしてギャグ自体は結構身も蓋もない(笑。

一つ一つのネタやキャラクターはあまり捻ってはいないので、落ち着いて見ちゃうと結構凡庸な印象もあるかもしれませんが、表現とリズム感が卓越してるのでぐいぐい惹き込まれます。
なぜかオヨネコぶーにゃん思い出した。ちょっと近いものがあるかも。

作者ご本人のブログはこちら。
ブログの方は結構硬派な内容だったので最初意外に感じたのですが、でもこの土台があるからこそ単なるハチャメチャではない、魅力的な「自由さ」につながっているんだろうなと妙に納得しました。

続刊も楽しみ。

日経夕刊「文学周遊」の写真が良い
2009/08/22(土) 21:02 これはおすすめはてブ情報 はてブに登録 はてブ数

毎週土曜の日経夕刊に文学周遊というコーナーがあるのですが、そこに載っている写真が毎回すごくいいんです。
今日はこんな風。テーマは大岡昇平「事件」
20090822.jpg
毎回歴史ある文学作品をテーマにしているのですが、写真はとても現代的。現代的な写真を添えることで、古い作品がとても身近な存在として感じられるように思います。
最初、毎回同じ人の写真かと思ってこれはファンにならねばなどと思ったんですが、毎回違う人でした。

ネットがメインの人だと新聞を読まない方も多いでしょうし、ましてや夕刊なんて取るか!って感じでしょうけど、写真好きなら何かの機会に見てみてください。ネットでも展開してくれないかしら。紙にとどめるのがちょっともったいない。

追記:
と思ったらネットで写真を販売してました~。
http://shop.picturei.jp/nikkei/main.asp?ctid=167
たくさん見られます。見逃したのも多いので嬉しい。
でも小さいな…。まあ売り物だからしょうがないか。